土地の汚染対策でお困りではありませんか?

DOWAエコシステム株式会社 ジオテック事業部

土壌浄化サービス一覧

地下水対策

汚染地下水の下流に透過性の反応壁(Permeable Reactive Barrier:PRB)を設置し、汚染地下水の拡散防止を行います。

この浄化手法は2001年にカナダEnvirometal Technologies Inc.社から栗田工業株式会社と共に独占実施権を取得しました。国内での実績も順調に重ねています。

透過反応壁(PRB)の特徴

有機塩素化合物による地下水の汚染に対し、安価な金属鉄粉を反応剤として用います。PRBの設置後は地下水のモニタリングが主要な作業となり、メンテナンスフリーであることが特徴です。

透過反応壁(PRB)の特徴

透過反応壁(PRB)の特徴

動画によるプレゼンテーション

DIM®工法

透過反応壁(PRB)を利用した包括的な浄化提案

PRBは汚染地下水の拡散防止対策です。上流部に汚染源が残存している場合は汚染源対策が必要となります。
DOWAエコシステムでは、DIM®工法との併用による包括的な浄化提案が可能です。

透過反応壁(PRB)設置直後

透過反応壁(PRB)設置直後

透過反応壁(PRB)5年経過後

透過反応壁(PRB)5年経過後


3軸オーガーを用いたPRB設置工法

3軸オーガーを用いたPRB設置工法

DOWAエコシステムでは、エコシステムエンジニアリング株式会社と共同で3軸オーガーを用いたPRB設置工法を開発しました。
これにより、確実で安く、早いPRB設置が可能となりました。


透過反応壁(PRB)とDIM®工法との併用による包括的な浄化

透過反応壁(PRB)とDIM®工法との併用による包括的な浄化

汚染地下水を浄化壁で透過し浄化する特許について

DOWAエコシステム株式会社と栗田工業株式会社は、ハロゲン化有機物質(VOC等)で汚染された地下水を酸素欠乏状態で鉄粉等の金属体と接触させて汚染地下水を浄化する技術(特許第3079109号)について、日本における独占実施権を有しております。

具体的には、鉄粉をトレンチ内に充填し、汚染地下水を浸透、通過するようにした透過反応壁法が本特許方法の一例をして挙げられ、この例では、透過壁中の鉄粉による還元反応により汚染物質を分解し、無害化します。それにより従来の揚水処理法に比べ、除去率が高い上に、動力、維持管理等の経費、メンテナンス作業が大幅に低減する技術です。

このページのトップへ

現在売り出し中の技術など

掲載しておきたい技術など


DOWAエコジャーナル